新卒採用をして幹部として企業の教育を受ける人や、派遣社員としてプロ意識を持って働く人もいます。

派遣社員ならプロ意識を持って働こう
派遣社員ならプロ意識を持って働こう

派遣社員ではプロ意識を持って働くことです

派遣社員ならプロ意識を持って働こう
男女ともに事務系の正社員としての道は、ブルーカラー以上に難しいといわれています。日本のホワイトカラーは、他の先進国に比べて労働生産性が低く、リストラの対象となったりすることがあります。正社員を避ける若者もいて、大手はどこも正社員になる人材を、出来るだけ最初の段階から絞り込んでいて、新卒採用する場合でも幹部候補生として採用する事が多くなっています。幹部に育てるには、新卒というまったく何も社会的な知識のないところから育てていく方が、企業にとっては忠実な社員として、働いてくれやすいという考えもあるからです。生産性が落ちた時に、一番最初に首にされてしまうのが、派遣や請負の仕事をやっている人ですが、そういった覚悟の上でスキルを上げるために頑張っている人もいます。

一時期よりも派遣での仕事というのも、認識が変わってきているといえて、いつでも転職の道があるという意識から、企業にとっては派遣によって、人材を確保する事は、プロフェッショナルとして仕事をしてもらうことが増えてきたからです。正社員としての魅力というのは、いつの時代も変わりませんが、生き方の選択として派遣社員として、プロの仕事をこなすことも間違いではありません。転職市場では、派遣として働くことで、いつでも仕事を辞めることができるので、自分の好きなことに時間を使う人も多くいます。そして正社員でも3年で会社を辞めて、新しい職場へと転職する事が当たり前になっている社会から、派遣社員でもそんなに変わりがないといえます。

Copyright 2016 派遣社員ならプロ意識を持って働こう All Rights Reserved.