派遣社員が不安定だと言われてきた理由とは、これまでの経済自体が不安定だったということが原因です。

派遣社員ならプロ意識を持って働こう

派遣切りとはただの不況という意味です

派遣社員ならプロ意識を持って働こう
派遣と言うとすぐに派遣切りというイメージで語る人がいますが、これは主に不況の影響ということに過ぎないと言えます。確かに派遣をしている人にとっては深刻な問題かもしれませんが、不況になると正社員でもリストラされることがありますので、雇用形態で大きな違いが出てくるという問題でもないような気がします。派遣社員を多く抱えているのは大手企業でその数が多いということで、社会的な問題になることもありました。しかし景気が良くなると今後は人手不足になったというように、やはり景況感で状況は全く違ってくるということがあるのです。

どうも近頃は景気が良かったということが長く続いたことが無いので、派遣社員と言うとすっかりネガティブなイメージがついてしまいました。しかし、景気が良かった頃は派遣社員で働いた方が断然に稼げるというときもあったのです。本来は経済は良くなったり悪くなったりという波があるものですから、これまでがかなり不安定な時期が長すぎたと言えるでしょう。日本は特に20年以上も経済成長が無かったという異例の時期を過ごしてきました。そういうことで、雇用問題がクローズアップされてきたということがあります。

正社員だと先ほども言いましたが、可能性が狭くなるという面があります。その会社でいかに出世するかくらいしか目標がなくなるという側面もない訳ではありません。それに比べて派遣社員はとても自由ですので、何でもできる可能性を秘めています。おそらく大きく成功する確率は正社員の人よりも、派遣で働いている人の方が高いと言えます。

おすすめ情報

Copyright 2017 派遣社員ならプロ意識を持って働こう All Rights Reserved.