派遣社員は一生続けるという性質のものではありません。よって待遇が悪いということでもないのです。

派遣社員ならプロ意識を持って働こう

派遣社員は正社員より待遇が悪い訳ではありません

派遣社員ならプロ意識を持って働こう
いつからか派遣社員は正社員よりも待遇が悪いと言われています。これは確かに長い目で見て生涯賃金で算出すると、そうなると言えるかもしれませんが、一生、派遣社員で働くという人も珍しいと言えます。普通は派遣社員をしばらくやって、そこから他の仕事をしていくのが常識的な選択だと言えます。ですので、派遣社員は不利だという考え方は単に現実的ではないことを考えている学者さんの話に過ぎないと言えます。現実に合致しないことを元にして、正社員が一番だと言われても、余り賛同できる人はいないのではないでしょうか。

そういう話が浸透していくと、取り敢えずは派遣社員で働いて、何かを探そうとしている人にも悪影響が出てきそうです。働きながら将来のことを考えるということも非常に良いことなのです。別に悪いことをしていないのに、そういう気分になってしまう人が増えてしまうのも何だか問題なような気がします。短期的に言えば、派遣社員で働くのは正社員よりも時給換算すると高い場合も職場によっては多いですので、そんなに悪い働き方ではないのです。

そういう意味で派遣という仕事にこだわりを持つ必要はないと言えます。生活していくにはお金が必要だから、この仕事をしているということは何も悪いところはありません。しかし、これだけでずっとやっていくのかと言えば難しい面があります。その部分を埋められると働いていて楽しいと思えますし、早く次の仕事に移りたいと考えることになるでしょう。派遣社員で終わるということは考える必要性が無いということなのです。希望は多く存在しているということです。

Copyright 2017 派遣社員ならプロ意識を持って働こう All Rights Reserved.